2017/09/14 16:55

『スター・ウォーズ エピソード9』の全米公開日が2019年12月20日に延期

    『スター・ウォーズ エピソード9』の全米公開日が2019年12月20日に延期
『スター・ウォーズ エピソード9』の全米公開日が2019年12月20日に延期
先週の『スター・ウォーズ』の世界では波乱万丈の1週間となったが、またもやフォースに乱れが生じてしまったようだ。これまで2019年5月24日とされていた『『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の全米での公開日が2019年12月20日まで延期になったのだ。

この公開日の延期は、実は全く予想外というわけではない。当初から予定されていたコリン・トレボロウ監督が先週降板すると発表され、ディズニーとルーカスフィルムは急遽代わりの監督を探すため東奔西走していたのだ。そして、トレボロウの後継に白羽の矢が立ったのが『フォースの覚醒』で成功を収めたJ.J.エイブラムスだったわけだ。だが、共同で脚本を担当するクリス・テリオにとっては、今回のゴタゴタに伴うグループ再編成のために、かなりの時間が必要となるだろう。

「J.J.エイブラムスがスターウォーズエピソード9の脚本と監督に就任」
「スターウォーズエピソード9の公開は2019年12月20日を予定」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >