2017/10/08 16:55

『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

    『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!
『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

大ヒット映画『メン・イン・ブラック(MIB)』がスピンオフ作品として帰ってくる。しかしキャストはガラっと変わってしまうようだ。

つまり、これまでMIBシリーズに出演していたウィル・スミス(エージェントJ)と、トミー・リー・ジョーンズ(エージェントK)は、今回ソニーが製作するスピンオフ作品では見られないという事だ。エンタメ情報サイト『Deadline』によると、タイトルは未定だが、これまでと同じ世界を舞台とした作品になるという。

脚本を担当するのは、『アイアンマン』の脚本家アート・マーカムとマット・ハロウェイで、監督は探している最中だ。ソニーは『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品の全米公開日を2019年5月17日に決めたと『Deadline』が伝えている。ファンは既にお気づきだろうが、これは『ジョン・ウィック』第3弾の公開日と同じ日付けである。

製作担当のウォルター・F・パークスは『Deadline』にこう語っている。「既に終わったはずの物語の映画を作るなんて滅多にないことだ。でも、アートとマットが書いてくれたスピンオフ作品はMIBの世界の核心に迫るもので、シリーズの新しい可能性を広げてくれる」

スピンオフ作品では、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める。大当たりとは言えなかった『トランスフォーマー/最後の騎士王』も、彼が製作総指揮を務め、アートとマークが脚本を書いた。

しかし、このニュースに、MIBのファンたちは、あまり歓迎していないようだ。

「新キャラで『メン・イン・ブラック』!? 『ホーカスポーカス』と『チャーリーズ・エンジェル』に続いて、今度は『メン・イン・ブラック』まで台無しにする気?」

「昔の大作のリメイクはもうたくさん! 『ホーカスポーカス』、『チャーリーズ・エンジェル』、『メン・イン・ブラック』をそっとしておいてほしい。オリジナルを考え出すべき」

「『メン・イン・ブラック』新作が出るけど、『21ジャンプストリート』とのクロスオーバーの話はなくなったようだ。ソニーは公開日を2019年5月17日にして、『ジョン・ウィック』3作目に被せてきた」

■参照リンク

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >