2018/04/04 10:55

ドウェイン・ジョンソンが鬱との闘いを告白!「君たちはひとりじゃない」とファンを励ます

ドウェイン・"ザ・ロック"・ジョンソンは、映画でアクションヒーローや愉快なキャラクターを演じることが多いが、今週はいつもとは違う、個人的な役を引き受けた。それは、メンタルヘルスのアドバイザー役だ。

「デイリー・エクスプレス」紙のインタビューの中で、ドウェイン・ジョンソンは、数十年にわたる鬱との長い闘いについて口を開き、同じように苦しんでいるファンに対して、君たちは「ひとりじゃない」と励ましの言葉を贈った。ドウェイン・ジョンソンによれば、彼の鬱は、プロレスラーに転向する前の、カナダのアメリカン・フットボールのプロリーグから解雇された1990年代半ばに始まったという。そしてその直後に、交際相手から振られたとのことだ。

「あれは本当に最悪な時期だった」とドウェイン・ジョンソンは同紙に語り、さらに「何もしたくないし、外にも出たくないというところまで落ちてしまった。常に泣いていた」と付け加えている。

また、ドウェイン・ジョンソンは母親自身も鬱で苦しんでおり、彼が15歳の時に彼の目の前で自殺未遂を起こしたことを明かしている。ドウェイン・ジョンソンは2月のインスタグラムの投稿でその辛い経験について触れている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >