2018/04/05 10:55

キャサリン妃とウィリアム王子の至れり尽くせりな第3子バースプランが明らかに

ロイヤルベビーの誕生ともなれば、関係者は最善の準備を整える必要がある。だから、キャサリン妃とウィリアム王子の第3子バースプランが非常に至れり尽くせりなもので、米ゴシップ誌『Us Weekly』によれば「全てが事細かく計画されている」というのも驚くには当たらない。

36歳のキャサリン妃は出産を間近に控えており、陣痛が始まった時の手はずは、すでに整っているという。入院先は、パディントンにあるセント・メアリー病院の特別病棟リンド・ウィング。ジョージ王子とシャーロット王女を出産した時と同じ病棟で、キャサリン妃は超豪華な特別室に入る。その部屋は3月中頃から封鎖されており、入院費用は1日当たり約9,650ドル(約102万円)とのことだ。

ちなみに、リンド・ウィングの外にある柵は最近、塗装が塗り直されている。その入口は、新しい王子か王女が世間に初めてお披露目される場所となるから、第3子の誕生がいよいよ迫っているというサインではないだろうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >