2018/04/28 16:55

英ウィリアム王子の第3子の名前が「ルイ」王子に決定!その名前の由来とは?

英ウィリアム王子とキャサリン妃の第3子にどのような名前がつけられるのか注目を集めていたが、英ケンジントン宮殿は27日(現地時間)、名前がルイ・アーサー・チャールズに決まったと公式ツイッターで発表した。

英国王室は、ロイヤル・ベビーの名前をすぐに発表しないことが多い。ウィリアム王子が誕生した際、故ダイアナ妃とチャールズ皇太子は名前の発表を1週間控えた。1988年にベアトリス王女が生まれた時には、発表までに2週間かかっている。しかし、今回は、23日の誕生から1週間と経たずに発表となった。

早速、このルイ・アーサー・チャールズという名前の由来について様々な憶測が流れているが、祖父であるチャールズ皇太子の名前や、曽祖父であるエジンバラ公フィリップ殿下のおじで、最後のインド総督となったルイ(ルイス)・マウントバッテン卿の名前の名前を継承したと見られている。ウィリアム王子(ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ)とジョージ王子(ジョージ・アレクサンダー・ルイ)も同じ"ルイ"の名前を持っている。

英PA通信のジャーナリスト、イアン・ジョーンズ氏によれば、ルイという名前は、現在、イングランドとウェールズで71番目に人気のある男の赤ちゃんの名前だそうだ。シャーロット王女誕生でシャーロットという名前が人気になったが、ルイ王子の場合も、これと同じ様な事が起きるに違いない。

■参照リンク

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >