2018/05/01 16:55

『ピーターラビット』上映前に誤ってホラー映画の予告編が流れ、映画館内が大騒ぎに!

オーストラリアのパース近郊の映画館で去る4月25日、『ピーターラビット』の本編上映前に到底子供向けとは思えないホラー映画『Hereditary(原題)』の予告編が誤って流され、かわいいウサギの物語を楽しみにしていた親子連れの観客を動揺、混乱させる騒ぎが起きた。一方で、ホラー映画の制作会社はこの事件を笑いのネタにしている。

トニ・コレット主演のこの映画『Hereditary』は、「新世代のエクソシスト」との呼び声が高い作品で、その予告編にはハトの死骸の首にハサミの刃を立てるシーンをはじめ、棺桶に横たわる遺体、自ら思い切り机に顔を叩きつけて流血する少年、火だるまになる男性などが登場、張り詰める音楽が流れ、耳をつんざく効果音が入る。

つまり安心して親が幼い子供に見せられるような代物ではない。現場に居合わせた女性がオーストラリアの『Sydney Morning Herald』紙に当時の様子をこう語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >