2018/05/14 10:55

ジョニー・デップが撮影現場で飲酒の末、スタッフにあわや暴行

ジョニー・デップが、主演映画『LAbyrinth(ラビリンス)』(原題)の撮影現場でスタッフに激怒し、殴りかかろうとしたと報じられた。

ゴシップサイト『Page Six』によれば、この出来事は、ロサンゼルスのダウンタウンの撮影現場でデップが「一日中タバコを吸い、酒を飲んだ」末に起きたという。

映画は、米国のラッパー、ノトーリアス・B.I.G.と2パックの殺害事件を担当した有名なロサンゼルス市警察の捜査官、ラッセル・プールを軸に作品で、ブラッド・ファーマンが監督を務める。デップは、警官役とホームレス役にデップの友人2人が登場するシーンの撮影中。を引き継いだ時、「本来、起こるべき以上の状況になってしまった」と情報筋が同サイトに明かしている。

公道を閉鎖して、警官役とホームレス役にデップの友人2人が登場するシーンを撮影していた時のこと。撮影は押し、このロケーションの撮影許可時間を過ぎてしまった。プロデューサーたちは撮影延長を何度も依頼したものの、あえなく撮影が終了することに。そこで、ロケーションマネージャーがデップに「これが最後のショットになる」と告げたのだが、酔ったデップはこれに激怒してしまった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >