2018/05/23 16:55

スピルバーグ監督とディカプリオ、グラント米元大統領の伝記映画で再タッグ?

スティーブン・スピルバーグ監督は、ユリシーズ・シンプソン・グラント元大統領の伝記映画で、2012年の自身の映画『リンカーン』で舞台となった南北戦争時代を再び描くようだ。

『Deadline』によれば、スピルバーグ監督は、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出演していたレオナルド・ディカプリオとこのグラント元大統領の映画で再タッグを組みたいと考えているという。ディカプリオもスピルバーグ監督もまだ初期段階の交渉中とのことだ。

ライオンズゲートとディカプリオのAppian Wayプロダクションがグラント元大統領の伝記を執筆したロン・チャーナウの著書「Grant」の映画化権を獲得しており、デビッド・ジェームズ・ケリーが脚本を担当する。

グラント元大統領は、18代目の米国大統領になる前、南北戦争で将軍として北軍を率いて勝利に導いた。リンカーンが暗殺された後、アンドリュー・ジョンソンが4年間17代目大統領となったが、その後1869年から1877年までグラント元大統領が大統領として当選し、任期を果たしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >