2018/06/06 16:55

ロン・ハワード監督、興行不調の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』をツイッターで自ら宣伝!

ロン・ハワードは、TVシリーズ『メイベリー110番』でオーピー役を演じて以来、物事の良い面を見ることに長けているらしい。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日に日本公開予定)は、当初の製作スケジュールの終盤に、監督が降板したため、ハワードが監督を引き継いだ。今では本作は彼のものと言えるだろう。

つまり、本作の興行収入が芳しくなく、評価がいまいちだった場合、彼は防衛体制に入るということだ。

ハワードは映画の応援コメントをリツイートし、以下のファンには返信までしている。

「この映画、興行収入が絶好調ではないと聞いた。助けるために今日、見に行くべき?#soloastarwarsmovie」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >