2018/06/20 10:55

全米で大ヒット中の映画『インクレディブル・ファミリー』、SNSでの呼び掛けで光の点滅シーンの注意書きが掲載される事に

全米で6月15日に公開された『インクレディブル・ファミリー』は、初登場の興行収入が1億8,000万ドルを突破し、あらゆる記録を塗り替えている(日本公開は8月1日)。本作には光の点滅シーンがあるそうだが、ソーシャルメディアでの呼びかけのおかげで、事前に注意を促すことができているようだ。

光の点滅シーンがあること、そしてディズニー/ピクサー側からこれに関する警告を行うように依頼したのは、本作のファンであり、自身も視覚が不自由だというヴェロニカ・ルイスさん(@veron4ica)。

エンタメ系メディア『ヴァラエティ』によれば、彼女のツイートがディズニーにも伝わったことで、『インクレディブル・ファミリー』を上映する全ての映画館で該当するシーンについての警告が行われるようになったという。

以下は、ヴェロニカ・ルイスさんの実際のツイートの一部だ。

「健康被害への注意喚起:まだあまり知られていないようですが、公開中の『インクレディブル・ファミリー』には光が点滅するシーンが多用されているため、てんかん、片頭痛、慢性疾患の方に影響がある可能性があります。このつぶやきはネタバレではないのでご安心を。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >