2017/05/15 10:15

小池栄子が殺人犯!?「母になる」が伏線広げ過ぎで早くも末期症状か

 沢尻エリカ主演のドラマ「母になる」(日本テレビ系)に、伏線を広げ過ぎとの批判が集まっている。第2話までは2ケタ台の視聴率を維持していたものの、第4話では7.9%へと急落。5月10日放送の第5話では8.3%へと微増したものの、そのラストが衝撃過ぎたというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「本作は沢尻演じるヒロインの長男が誘拐され、それを助けた小池栄子が息子として育てていたという相関関係が軸。第5話ではその小池が殺人犯だったというシーンで終わり、『どこまで話を広げるんだよ』と呆れる視聴者が多かったようです。元から予定されていたストーリーなのか、それとも視聴率テコ入れの策なのか。いずれにしても唐突感は否めませんね」

 次回予告では息子を助けるための殺人だったと思われる様子を放送。これには「伏線の回収が早すぎる」との指摘も出る始末だ。このドタバタぶりは連続ドラマとしては末期的な症状とさえ言えそうだが、一体どうしたことか。テレビ誌のライターが続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >