2017/05/13 18:15

連れて帰ってほしいの? 柴咲コウが猫カフェのネコの里親になったワケ

 NHK大河「女城主 直虎」で、女でありながら戦国の世を力強く生き抜いた主人公・井伊直虎を演じている、柴咲コウ。ドラマの中では井伊家を守るために死力を尽くす彼女だが、プライベートでは、猫の命を懸命に守っていた。

『an・an 特別編集 にゃんこLIVE』(マガジンハウス)によれば、柴咲がその猫と出会ったのは5年前。ツアー先の熊本で偶然訪れた猫カフェに、彼女のそばを離れない猫がいた。それが、白猫(雑種)の「のえる」だ。

「もしかして、連れて帰ってほしいの?って思ったんですよね(笑)」と、柴咲は当時を振り返っている。その猫カフェでは里親も募集しており、のえるを引き取ることは可能だった。しかし、仕事で家を空けることが多い柴咲は、里親になるつもりはなかったという。

 だが、東京に戻ってからも、その猫が頭から離れなかった。そこで、周囲に協力を請い、受け入れの準備を進める。そして1カ月後、柴咲は熊本までのえるを迎えに行ったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >