2017/05/16 10:14

ブルゾンちえみ、「アメリカドラマ好き」を気取るも底の浅さを露呈!

 日ごろからアメリカドラマ好きを公言しているブルゾンちえみ。だがその知識が浅いレベルだったことを露呈してしまったようだ。5月11日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にてブルゾンは、人気ドラマ「ゴシップガール」の1シーンを紹介。「キャビアを一度味わった男がナマズで妥協するなんて!!」というセリフが好きだと語っていた彼女について、アメリカ在住経験のあるライターが指摘する。

「司会の宮迫博之が『キャビアはチョウザメの卵やんか、なぜナマズ本体と比べてんの?』との疑問を呈すると、ブルゾンは『そういうの追及するとよくない!』と言い放ち、『日本狭い!』と捨て台詞を吐いていました。しかしアメリカドラマ好きなら、キャビア(Caviar)とナマズ(Catfish)で韻を踏んでいることに気づくべき。そういう言葉遊びもドラマを楽しむ大事な要素ですが、ブルゾンは字幕を読むので精一杯なのかもしれません」

 アメリカドラマ好きを気取るなら、セリフに秘められた意味まで説明できてほしいもの。だがブルゾンはアメリカ人同士が交わす挨拶についても理解の浅さを表していた。前出のライターが続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >