2017/05/26 18:14

マライア・キャリーの傲慢な態度に共演者が非難

 歌姫マライア・キャリーが新作コメディ映画「ザ・ハウス」にカメオ出演(短時間の友情出演)を果たした際の態度を非難されている。出演者の1人である俳優のロブ・ハベルによれば、マライアは4時間も遅刻してきた挙げ句、「自分用のトレーラーを白いバラと羊のぬいぐるみで一杯にするように」など、信じられないような要求をしたというのだ。

「僕らはマライア・キャリーという名前のポップスターと撮り直しをしたんだ。あまり良くなかったね。彼女、どうしちゃってるの?信じられないような状況だったよ」とロブ。

「ザ・ハウス」はウィル・フェレルとエイミー・ポーラー演じる夫婦が娘の学費を稼ぐために秘密のカジノを始める物語。その中でマライアは本人役としてわずかながら出演している。

 しかしロブによれば、そのごく短時間の出演シーンに対しても、マライアは渡された脚本に文句をつけていたという。ロブはラジオ局シリウスXMの番組内でこう説明している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >