2017/06/12 10:14

立花胡桃が仰天見解「女子力が売りの職業はオッサン的病気になりやすい」

 6月6日に放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、元カリスマクラブ嬢で、作家の立花胡桃がアルコールに依存していたことを告白した。

 番組では、6日発売の「女性自身」に掲載された「女のオッサン化は重病を招く」という記事をピックアップ。記事では、女性の社会進出に伴いストレスや環境の変化から、痛風や肺がん、アルコール依存症など、主に男性に多かった病気が女性にも増えてきていることを指摘している。

 MCの蝶野正洋から「胡桃さんはわかりますか? 女性のオッサン化による病気」と振られた立花は「わかります」と即答し、クラブ嬢時代にアルコール依存になった過去を次のように明かした。

「私、アルコール依存になったことがあって。帰りがけに缶チューハイみたいなものを8本飲んで帰っていました。毎夜、毎夜。そんな生活を続けていたら、営業後に倒れて病院に運ばれ、8日間入院したことがあります」

 立花が分析するには、女子力をウリにする職業ほど、本来の自分より女っぽく見せるため、ストレスがかかる。その反動で酒に走るなど、オッサンのような行動をとり病気を招くという。この見解に対し、芸能記者はこう話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >