2017/06/16 13:05

野際陽子、病院から「やすらぎの郷」撮影現場へ!壮絶な女優魂

「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など、多くのドラマ、映画で活躍した女優の野際陽子さんが肺腺がんのため今月13日に亡くなっていた。81歳だった。

 野際さんは放映中の昼ドラ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)に出演しており、石坂浩二演じる主人公の脚本家・菊村栄の亡妻の親友という重要な役どころ。21日の放送回まで登場することが決まっている。

 同ドラマは全130回、9月まで放送という長丁場。体調を崩して3月の制作発表にも出席できなかった野際さんの体調を考慮して、台本を書き換え、負担を減らしていたという。

「主な出演者の平均年齢が78歳ということで、脚本の倉本聰さんも役者さんたちの健康状態を気にしていました。撮影現場には看護師やAEDも配備するなど、緊急対応できるように準備されていた」(芸能記者)

 野際さんは14年に肺がんが見つかり、早期発見で手術は成功したものの、翌15年に再発。以来、薬物治療を続けてきた。一時は呼吸も困難になり酸素吸入器をつけていたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >