2017/06/27 07:15

石田純一、都知事選出馬で手放したフェラーリを再購入!驚きの財源とは?

 6月22日に発売された「週刊新潮」の連載「昭和とバブルの影法師」の番外編として、俳優の石田純一とサッカー元日本代表の武田修宏との対談が掲載された。

 バブル談義に花を咲かせた2人だが、クルマの話に及ぶと、石田の口から意外な事実が飛び出した。「僕はBMWに始まって、今は8代目のフェラーリ」。この発言が事実であれば、石田は新しいフェラーリを購入していたことになる。

 というのも、石田は昨年7月の東京都知事選へ出馬表明したことによりCMの違約金が発生。その穴を埋めるために、所有していたフェラーリカリフォルニアを1200万円で売却していたことを明かしていたからだ。ちなみにこの車は3000万円で買ったもの。

 フェラーリは車種によって価格は違うが、2000~3000万円代が中心。その額をまたポンと払えるのだから、石田に相応の稼ぎがあったことになるが、テレビ出演も少なくなったいま、どこに収入源があったのか。その答えのヒントが「純一ノート」なるものだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >