2017/06/29 07:15

「貴族探偵」武井咲が“火中の栗を拾った”と評価されるワケ

 嵐の相葉雅紀が主演を務めた月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)が6月26日に最終回を迎えた。本作では低迷する月9ドラマへのテコ入れとして、人気絶頂の相葉を投入したものの、終わってみれば視聴率を2ケタ台にのせたのは初回の11.8%だけ。平均視聴率は8.8%と低調で、今期のドラマで6番目という成績に沈んだ。

 それでも最終回では広げまくった伏線をすべて回収したとして、ドラマファンからの評価はまずまずのようだ。なかでも探偵役でヒロインを務めた武井咲に関しては「真の主役!」との声も少なくないという。なぜか? テレビ誌のライターが指摘する。

「そもそも爆死続きの月9ドラマでは、主役やヒロインのオファーを受ける女優が激減しているのが実情。そのなかで武井はあえて、火中の栗を拾いにいったわけです。ここで視聴率を取れれば、女優としての株は一気に上がる。残念ながらその目論見は外れましたが、ただ武井の演技は悪くなかった。実力派俳優陣の中でも存在感を示し、“かわいいだけの棒演技”からはずいぶん進歩したと評価が高まっています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >