2017/07/09 10:14

嵐・大野智、ダンゴムシを鼻の穴に入れて病院送りになっていた!

 初の時代劇主演映画「忍びの国」が好評上映中の嵐・大野智。ハードなアクションシーンは、ほぼスタントなしでやりきったというから、さすがは嵐きっての運動神経の持ち主。ワイヤーアクションは嵐ライブで慣れているとはいえ、ケガなく乗りきれたのはさすがといえよう。

 そんな大野らしく、幼年期はかなりのワンパク坊主だったようだ。ジャニーズタレントに詳しい芸能レポーターに聞いた。

「大野がまだ5歳のときの話。父親が漕ぐ自転車のうしろに乗っていて『寝るなよ。ちゃんと足を広げておけよ』と言われたにもかかわらず、ウトウトしてしまった。結果、後輪に足を巻き込まれ、15針も縫う大ケガをしたそうです。また、母親から『缶詰のフタは危ないから触っちゃダメ』と言われていたにもかかわらず、ギザギザが気になってしょうがなくてギュッと握ってしまった。案の定、手のひらは血だらけで、こちらは5針縫ったそうです」

 特殊な事情で病院送りになったことはまだある。これもまた眉を顰めたくなるような話で……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >