2017/07/20 10:15

真木よう子、「セシルのもくろみ」の演技がガリガリすぎて痛々しいとの声

 真木よう子の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が7月13日にスタートし、視聴率5.1%といきなりのつまずきをみせた。キャストには吉瀬美智子や伊藤歩など女性からの支持が高い女優を起用し、板谷由夏とリリー・フランキーらも好演技を見せているが、肝心の真木が女性視聴者から敬遠されてしまっているという。女性誌のライターが首を振る。

「キャスト陣の豪華さに期待していたのですが、フタを開けてみれば真木の痛々しさばかりが伝わってきて、観てられなかったですね。各メディアでも彼女の激やせぶりを報じており、その細さはもはやガイコツ並み。それに加えて目やアゴにも不自然な点が多く、これで読者モデルがテーマと言われても『は?』っていう感じです」

 目の不自然さとは異様に大きな黒目のこと。どうやら真木はカラコンを装着しているようなのだ。作中では着飾ることに興味のない体育会系の主婦という設定だが、そのキャラとカラコンの取り合わせがあまりにもミスマッチというのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >