2017/08/01 18:14

『アバター2』続編が完成間近!?デジタル加工段階に突入

 ウェタ・デジタルが『アバター2』のためのグラフィック作成を始めたという。ジェームズ・キャメロン監督による『アバター』は、2009年の公開以降次回作が切望されてきたにも関わらずその製作が何度も延期になっていたが、ここに来てウェタ・デジタルが『アバター2』のためのビジュアル加工に取り組んでいることを明かした。このことで、実写アクションシーンやモーションキャプチャの撮影がほとんど終わっており、すでに映画がCG加工に着手する段階にきているという見方もある。

『アバター』の1作目は全世界で27億ドル(約2900億円)の興行収入を上げ、多数の映画評論家から高い評価を受けた。キャメロン監督は「(視覚効果アーティストの)ジョー・レッテリとウェタ・デジタルがこの映画にもたらしたものは計り知れないよ。『アバター』の製作のときから、ウェタ・デジタルは世界最高峰のCGアニメーション、最も人間味がある生き生きした実写に近い視覚効果を作り続けてくれている」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >