2017/08/04 18:15

「好意はある」…斉藤由貴の釈明会見が正直すぎてボロ出まくり!

 8月3日発売の「週刊文春」で50代の開業医との不貞が報じられた女優の斉藤由貴が同日、都内で釈明会見を行った。白いロングワンピース姿で報道陣の前に現れた斉藤は会見冒頭、深々と頭を下げた。

 斉藤は不貞を疑われた医師との関係を聞かれると、“家族の主治医”と主張。だが、記者から「異性として好意は?」と聞かれると「好意はあるから、手をつなぐ的なことはあるんだと思います」と微妙な回答。また、手つなぎに関しては「甘えたくなってしまうというか、優しくしてもらってそういう感じになっちゃって」と、恋心の揺らぎを想起させる答えだった。

 これに対しネット民からは「夫以外の既婚者の男と2人きりで映画観に行くのがおかしいから」「仮に一瞬手を取ったとしても恋人つなぎはあり得ない」「二人で映画⇒手つなぎって何もないわけがない」など、厳しい意見が多数だった。

 この会見を見た芸能ジャーナリストは「正直すぎて、ボロが出てしまった」と苦笑い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >