2017/08/14 10:14

「魔性の女」斉藤由貴が「悪女」大竹しのぶに学ぶべきこと

 8月3日発売の「週刊文春」で50代医師との不貞疑惑が報じられ、釈明会見を行った斉藤由貴。会見では、男女関係に関しては否定しつつも、相手に対して“好意があり大切な存在である”ことを認める結果となった。この会見に対して、ある大物女優と比較して、異論を唱える声があるという。

「同じ“魔性の女”と言われ、今年還暦を迎える大竹しのぶだったら、あんな歯切れの悪い会見を開いていたでしょうか。女優として再び輝き取り戻して、再ブレイクできたのは彼のおかげなのですから、そのことを真摯に訴えかけるべきでした」(放送作家)

 同じNHKの朝ドラでヒロインに抜擢され、女優として大きく羽ばたいた斉藤由貴と大竹しのぶのふたり。しかしこと恋愛トラブルに関しては、大竹は斉藤の比ではない。最初の夫・服部晴治氏(TBSドラマ・ディレクター)を当時同棲中の女優・中村晃子から奪って略奪婚。その夫が胃がんで亡くなると明石家さんまと不貞関係に陥り、夫が亡くなった翌年に子供が出来て結婚、と大竹しのぶはある意味“魔性の女”どころか“悪女”の風格さえある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >