2017/08/20 10:14

ジャニー喜多川社長の信頼を得たタレントが呼ばれる場所とは?

 ジャニーズ事務所の所属タレントは、ジャニー喜多川社長からある場所に呼ばれると、全幅の信頼を得ている証拠になると言われている。それはジャニーズのオーディション会場。つまり面接の審査員に起用されればジャニー社長が一人前と認めたことになるわけだ。

 面接審査員といえば、若者の将来を左右する大役だが、入所後わずか1年で審査員の椅子に座るタレントも珍しくない。アイドル雑誌のジャニーズ担当ライターは言う。

「滝沢秀明がそうでした。彼は13歳で入所して、演技未経験のまま中学生でゴールデンタイムに放映されたドラマ『木曜の怪談 怪奇倶楽部』(フジテレビ系)の主役に抜てき。翌年の14歳で、オーディションの面接審査員になっているんです。この時は、関ジャニ∞の横山裕を不合格にしています(笑)。でも数日後、ジャニーズJr.が集合したときに横山がいたので、タッキーの不合格判断は採用されなかったようです」

 今夏デビュー20周年のKinKi Kidsもジャニー社長のお気に入り。堂本剛と堂本光一は、V6の三宅健と同じ79年生まれだが、キャリアでは上。そのため、光一は三宅の履歴書と写真をジャニーさんから見せられ、「YOU、これどう思う?」と意見を求められている。光一は「僕にはわからん!」と答えたが、ジャニー社長は1枚のスナップ写真を見ただけで三宅の入所を決めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >