2017/08/21 07:15

「夏ドラマ」折り返しで見えたテレ朝の勝利とフジの壊滅

 2017年夏ドラマの8月17日現在の視聴率ランキングは1位「コード・ブルー」(フジテレビ系)、2位「刑事7人」(テレビ朝日系)、3位「過保護のカホコ」(日本テレビ系)、4位「黒革の手帳」(テレ朝)、5位「カンナさーん!」(TBS系)、6位「遺留捜査」(テレ朝)、7位「ごめん、愛してる」(TBS)、8位「ウチの夫は仕事ができない」、9位「愛してたって、秘密はある。」(共に日テレ)、10位「警視庁ゼロ係」(テレビ東京系)、11位「ハロー張りネズミ」(TBS)、12位「僕たちがやりました」、13位「警視庁いきもの係」、14位「セシルのもくろみ」(すべてフジ)だった。

 過去2回のシーズンでは、いずれも平均視聴率15%を超えた月9ドラマ「コード・ブルー」は、大いに期待され、初回こそ16.3%と好スタートを切ったが、回を重ねるごとに右肩下がりとなっている。その原因は、“ドクターヘリによる緊急救命”という大前提が覆され、単なる緊急救命物語になってしまい、視聴者離れにつながったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >