2017/08/24 18:15

垂涎シーン満載なのに…窪田正孝「僕やり」が爆死寸前のナゼ?

 フジテレビのドラマで明暗が分かれている。月9ドラマの「コード・ブルー」は8月21日放送の第6話で3週連続の13%台をキープ。それに対して火曜9時の「僕たちがやりました」は22日放送の第6話でシリーズ最低の5.2%を記録した。この低迷ぶりには局側も頭を抱えているようだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「この火曜9時枠では1月期の『嘘の戦争』、そして4月期の『CRISIS』と2作連続で平均視聴率が二ケタに到達。いずれも月9に大勝し、フジにとって新たな看板ドラマ枠との声もあったほどです。今期の『僕たちがやりました』でも若手俳優きっての演技派である窪田正孝を主役に据え、ヒロインには来年の朝ドラに主演する永野芽郁を抜てき。万全のシフトを敷いたのですが、初回から視聴率7.9%とつまずき、その後も数字は下がる一方で、フジにとっては誤算中の誤算でしょう」

 そんな「僕たちが~」では、元AKB48の川栄李奈が8月15日の放送回で窪田とのベッドシーンに挑戦。男性視聴者から「艶っぽすぎる!」「もはや大人向けビデオ」と歓迎の声が飛ぶなど、話題性もある。それがなぜ数字に結びつかないのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >