2017/08/29 07:14

ハリー杉山の「どん底時代」を救った意外な飲み物があった!

 東京新聞の連載企画「私の東京物語」で、タレントのハリー杉山が20代後半の頃、意外な飲み物が自分を幸せにしてくれたことを明かした。東京物語は、有名人が東京を舞台として過去を振り返るリレー形式のエッセイ。24日は、杉山の5回目(全10話)に当たる文章が掲載された。

 今では情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)などで活躍中の杉山だが、27歳時には、自分には才能がないと限界を感じていたという。そんなとき、東京・池尻大橋の居酒屋「屯」(たむろ)で杉山はアルバイトを始める。熊のような体の大将が作る料理に杉山は感動し、そして営業終了後、1つの楽しみができた。それが、大将から教わったという“ホッピー”を飲むことだった。杉山は“お疲れホッピー”と呼び、当時、それを飲むことが至福の瞬間だったと述懐している。

 英国人の父と日本人の母のハーフとして生まれた端麗な容姿に、庶民的なホッピーは似つかわしくないようにも思える。しかも杉山は、投資銀行に勤務する傍ら、モデル活動するというユニークな経歴を持つ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >