2017/08/28 18:15

直虎「残酷なラブシーン」の感動冷めず、政次追悼CDが売り切れ続出!

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の33話「嫌われ政次の一生」の感動が冷めやらない。高橋一生演じる小野政次が壮絶な最期を迎えたのだが、「いまだに引きずっている」「悲しくてやりきれない」という声が引きも切らないのだ。

 幼馴染の直虎と政次。政次は幼少のころから直虎のことが好きで、欺いているように見せかけて陰ではずっと支え続けてきた。直虎の代わりに牢に入れられた政次は「こうするために生まれてきた」と言い、白い碁石を直虎に託す。そして磔のシーンで直虎は「私が送ってやらねば」と苦しまないよう心臓を一突きに。最期の「地獄に落ちろ」「地獄から見ていてやる」といった罵声の応酬は、大河史上最高に「残酷なラブシーン」として話題になった。

 そして放送3日後の23日には、ソニーミュージックから小野政次追悼CD「鶴のうた」が発売され、店頭売り切れが続出。急きょ追加生産されることが決まった。「鶴のうた」には、「対局」「幼き思い出」「天つたふ日」などドラマを見ていた人にはたまらないタイトルの曲が並んでいるため、“政次ロス”の視聴者が大挙して購入に走ったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >