2017/09/19 18:15

長嶋一茂の「ミサイルごとき」暴言を一蹴した宇賀なつみの評価が急騰!

 9月15日放送の情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、金曜コメンテーターの長嶋一茂が番組終盤に暴走するシーンがあったが、同局アナウンサーの宇賀なつみがうまくまとめたとして評価を上げている。

 この週は11日から夏休み入りしているメインMCの羽鳥慎一に代わり、宇賀アナが1人で進行を務めていたが、同日朝に北朝鮮がミサイルを発射。北海道上空を通過し、襟裳岬の東方約2200キロメートルの太平洋上に落下したニュースを受け、番組は急きょ内容変更して、この問題を中心に報道した。

「よりによって、この一大事のコメンテーターが一茂?」と視聴者は違和感をおぼえたようだが、案の定その不安は的中した。

「番組の途中から一茂は少しおかしな感じでした。北朝鮮のミサイルを強引に野球のビーンボール(投手が故意に打者の頭部を狙って投げる球)にたとえ、『ビーンボールであれば動じなければいい。松井(秀喜)選手はビーンボールが来ても動じず、次に内角高めのボールが来ても打ちました』など、独自の理論を展開しました」(テレビ誌ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >