2017/09/26 10:15

経済効果はン千億!?安室奈美恵の「引退特需」

 9月22日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、MCの極楽とんぼ・加藤浩次が金曜レギュラーコメンテーターの編集者・山本由樹氏に猛烈反論する一幕があった。

 番組では安室奈美恵の引退について、カラオケ店で安室の曲の選曲が増えたり、CDショップで安室の特設コーナーが設けられたりする様子を報じた。

 すると山本氏は「閉店セールってあるじゃないですか。延々閉店しないお店とか。1年間、閉店セール、ビジネスとして上手だなと」と安室の引退までの1年を「閉店セール」と評した。これに加藤は「それは違う」と即座に反応。「閉店セールっていうのはダメになった店が、在庫を売り切ろうとすることだから。安室さんは下がってないから」と、異を唱えた。

 だが、「山本氏の言い分にも一理ある」と音楽ライターは言う。

「引退発表の翌日には、音楽配信サイトでは上位30曲中、安室の曲が12曲もランクイン。楽天ブックスのCDとDVDの売り上げは前日比30倍に跳ね上がり、所属事務所と所属レコード会社を傘下に置くエイベックス・グループ・ホールディングスの株価は前日の終値から27円高の1488円と上昇しました。ベストアルバム『Finally』を11月8日に発売することも発表され、すでにAmazonのミュージックカテゴリーの1位になっている。安室は03年以降、ほぼ2年おきにアルバムをリリースしており、前作の『_genic』が15年6月だったことからファンの間でも『そろそろ次のアルバムが来るはず』とささやかれていた。その作品がベストアルバムで、タイトルが『Finally』(=「最後に」の意)となれば、引退を考慮してのものと感じる人がいてもしかたがないでしょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >