2017/09/27 18:14

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第3弾にワープ疑惑が浮上

 人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の最新回が9月23日に放送された。太川陽介と蛭子能収のコンビから、俳優の田中要次と作家の羽田圭介氏に代わっての第3弾(特別編を入れると4回目)。今回は宮城県・松島をスタートし、秋田県のあきた白神駅を目指した。

 東北地方を縦断するルートで、しかも太平洋側から日本海側へ奥羽山脈を越えなければいけない難コース。番組中、羽田氏と田中が何度も話題にし、ナレーションの太川陽介も指摘したように「どこで奥羽山脈を越えるか」が最大のポイント。選択を誤ると早々にリタイアとなる可能性もあった。

 田中と羽田氏、そしてマドンナのラブリの3人は悩みに悩んだ末、岩手県北上から西に向かい、ほっとゆだ、黒沢を通って横手へと抜けるルートを選択。しかしバスが走っているのは途中までで、山道を15キロ近くも歩かなければならない。

「バス旅では歩いて県境や山を越えるのは珍しくありません。以前は国道を16キロも歩いたこともあります。ただ、今回のように山道を15キロも歩くことはなかった。歩けるのかどうか心配して観ていたら、宿の送迎を使ったのでガックリですよ」(テレビ誌ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >