2017/10/02 07:15

上西小百合、ミタパン、鈴木奈穂子…増殖する「元アムラー」たち

 20日、歌手の安室奈美恵が来年9月16日での引退を発表後、芸能界では未だに“アムロス”現象が続いている。細眉・茶髪・厚底ブーツがトレードマークの“アムラー”だったことを告白する有名人も多く、なかには意外な人物もいた。

 タレントの木下優樹菜は、安室の曲を泣きながら聴く自分の動画をインスタグラムにアップ。しかし閲覧者からは「インスタ閲覧数を伸ばすために安室ちゃんを利用しないで」など批判が多く、大炎上。ネットニュースのなかには木下のことを“芸能界きってのアムラー”と紹介したものがあり、このフレーズが火に油を注いだ。

 炎上クイーンの上西小百合衆院議員も元アムラーを自称。21日のツイッターで「高校生の時、安室ちゃんのメイクとか色々真似した。ルーズソックスもはいた」と報告。コメント欄にはすぐさま「真似しても全然似ていないはず」などと書き込まれている。

 女優の吉田羊も21日、都内で開かれた新CM発表会で、かつてアムラーだったことを告白。肌を焼いたり茶髪にはしなかったが、「髪型を三つ編みにて、眉を細くして真似していた」というので“半アムラー”といったところか。カラオケは「CAN YOU CELEBRATE?」が得意曲だそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >