2017/11/01 07:15

「わろてんか」松坂桃李のサムすぎるお笑いネタに視聴者も苦笑

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」が面白くなってきた。てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が駆け落ちし、大阪にある藤吉の実家へ身を寄せるも、藤吉の母・啄子(鈴木京香)はてんを女中扱いし、しかも実家には啄子が決めた藤吉の許嫁がいた…という展開。ところが、思わぬところに批判が寄せられているようだ。

「松坂桃李演じる藤吉の披露するお笑いネタが、あまりにもつまらないという声がTwitterなどで頻繁に取り上げられているのです」(テレビ誌記者)

 藤吉は、実家の米問屋を継ぐのが嫌で家を飛び出し、一流の芸人を目指して旅芸人の一座に潜り込むほど、芸にのめり込んでいたはず。なのに劇中で披露するネタは、芸人を目指していたとは思えないほどレベルが低いというのだ。

「例えば28日に放送された回では、苦労をかけているてんを笑わそうとして、藤吉が『それでは、お笑いを一つ』と言ってなぞかけを披露しました。『俺とおてんちゃんとかけて、夫婦茶碗と解く』『その心は』『どっちも欠けてはなりません』。そして、てんが笑い声を上げるというシーンがあったのですが、放送後には辛口意見が噴出しました」(前出・テレビ誌記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >