2017/11/04 10:14

ドンマイ真凜!「シニアほろ苦デビュー」は羽生結弦も通った道だった

 フィギュアスケートのGPシリーズ・カナダ大会で、不本意なシリーズ5位発進となった本田真凜選手。本人も、シニアで成績を残すことは容易ではないことを痛感したようだ。

「10月7日のジャパンオープンで女王・メドベージェワ選手と同じ土俵で滑ったときは、かなり緊張したようです。自己最高の得点を出すも6人中5位。メドベージェワのジャンプを見て、自分とのあまりのレベルの違いに『まだまだだと思った』とインタビューで語っています。それでもカナダ大会では、SPこそ10位だったものの、FSではSPで評価の低かったスピンもジャンプも決めて5位まで挽回したのですから大したものです」(スポーツライター)

 とはいえ、浜田美栄コーチが「練習不足」を指摘したこともあり、世間の風当たりは強い。

「世界トップ選手とのレベルの違いに、シーズンに入ってから気づくようでは遅すぎます。いい意味でも悪い意味でも注目され、マスコミからちやほやされ、勘違いしてしまっていたところもあるんじゃないでしょうか」(女性誌記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >