2017/11/24 18:14

藤井四段の発言を巡り、安藤優子がミタパンをバカにした!

 11月21日、将棋の藤井聡太四段が大阪市で行われた第66期王座戦第1次予選に勝利し、史上最年少の15歳4カ月で公式戦通算50勝目を挙げた。

 翌22日に放送された情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)では、藤井四段の快挙を伝えるとともに、対局後のコメントに注目。これまで藤井四段は「望外」「僥倖」など、中学生らしからぬ言葉で自分の気持ちを表し、世間を驚かせている。

 そして今回、勝利数が大台に達した藤井四段は「1局1局指してきたのが節目(せつもく)の数字となりました」とコメント。デビュー50勝目の区切りを「ふしめ」と言わず、「せつもく」と表現した。この読み方を巡って、スタジオ内で意見が分かれ、予期せぬ方向に飛び火した。

 先陣を切ったのは、お笑い芸人のカンニング竹山。「こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、読み間違えただけじゃないですか。違いますか?」と、藤井四段の読み間違い説を強く主張。しかし“ミタパン”こと、MCの三田友梨佳アナは「いや、深い意味があるんだと思いますよ」と異を唱える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >