2017/11/28 18:14

ヘンリー王子の婚約に滲み出る「ダイアナ元妃の教え」

 英王室は11月27日、チャールズ皇太子の次男ヘンリー王子(33)と、米国女優のメーガン・マークルさん(36)の婚約を正式発表した。

 この2人については、昨年7月に交際が発覚した当初から“異論”が相次いでいた。その理由としては、マークルさんがアフリカ系米国人の母親と、ヨーロッパ系アメリカ人の父親のハーフであること。また、英国国王か女王が首長となる「イングランド国教会」と、マークルさんが卒業したカトリック系の高校とは宗教が違うこと。さらに、離婚歴があることだ。

 だが、これらの中傷に対しヘンリー王子は「ガールフレンドのメーガン・マークルさんは相次ぐいじめや嫌がらせの的にされている。全国紙の一面での中傷、人種をにじませた論評、ソーシャルメディアの荒らしによるあからさまな性差別や人種差別など、一部は極めて公に行われている」と非難した。

 このヘンリー王子の行動は、「母・ダイアナ元妃の教育の賜物」とジャーナリストは指摘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >