2017/11/29 18:15

千眼美子、北朝鮮ミサイル発射で「平和ボケ」を警告するも意外な反応

 29日未明に北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射し、青森県西方の沖合約250kmの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられることが日本政府から発表された。この問題について宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・千眼美子(旧名:清水富美加)は、すぐさま自身のツイッターで言及。

「なにこの、正直、慣れ感。現実味を感じられない平和ボケ感」と、危機感の薄れた世間に警鐘を鳴らした。続けて「青森に落ちてたらどうしてたんだろ。落ちてから文句言うだけとか慌てふためくだけとか、事が起こってから出来ること探す人になりたくないなぁ」と展開し、最後には「どうしたらいいかなぁ 私には何ができるかなぁ ずっと在って欲しいよ日本、好きだから」とつぶやいた。

 千眼の意見にはネットでも同意する声が多く「これは正論」「日馬富士のことなんかよりこっちのほうが重要」といった反応があったものの、その一方で苦笑する人もいたようだ。「言ってることは間違ってないと思うけど、あなたの生き方は正しいの」「守護霊に何とかしてもらってください」「政治家にでもなるのかな。幸福からだと難しいけど」などと批判も見られている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン