2017/12/06 18:15

「奥様は、取り扱い注意」最終話で“3つの疑問”は決着できるのか

 綾瀬はるか主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)が12月6日、最終回を迎える。9話までの平均視聴率は12.4%と及第点の成績。

 物語は、秘密工作員だった綾瀬演じる伊佐山菜美が、憧れの平凡な主婦になるも、近所のトラブルに巻き込まれ、次々と解決していくというもの。毎回繰り広げられる、綾瀬のアクションシーンも見どころの一つで、視聴者を爽快な気分にさせているようだ。

 最終回への期待も異常に高まっている。なぜなら、菜美の夫・勇輝(西島秀俊)のミステリアスな部分は解明されるのか? 菜美の主婦友で、年下男性と不貞関係になってしまった大原優里(広末涼子)と夫・啓輔(石黒賢)はどうなるのか? 同じく主婦友で夫・渉(中尾明慶)に不貞されていた佐藤京子(本田翼)。自宅から追い出した渉は戻ってくるのか…など、決着すべき問題が盛りだくさんだからだ。

 さらにここにきて、広末が番組宣伝で発した言葉が注目されている。それは「啓輔と渉の評判が逆転している」というものだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >