2017/12/17 18:15

木村拓哉「なりたい顔ランキング」に表れたシビアな現実とは

 イケメンの概念は時代とともに変わっていくものだが、今年は“大変動”の年になったようだ。今年で9回目となる「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」(オリコン調べ)が12月14日に発表され、かつては“憧れの顔”の代表だった木村拓哉がランクダウン。

 首位は、ソフトバンクの白戸家CMでもおなじみの竹内涼真が初登場にして戴冠。ほかにも高橋一生や坂口健太郎が初ランクインを果たし、新世代イケメンが頭角を現す形となった。対して2年前の同ランキングでトップに君臨した木村は昨年の5位から一つ落とし今回は6位。2年連続のランクダウンだ。

「といっても、年齢的な理由だけはなさそうです。というのも、同世代の竹野内豊が今回2位に入っている。第7回まで常にベスト3をキープしていた木村ですが、昨年の第8回で初めて竹野内の後塵を拝し、今回はさらに差が開きました。その原因は若い世代からだけではなく、同世代からの支持が減ったことにありそうです」(芸能ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >