2017/12/28 10:15

平昌五輪で宇野昌磨が勝つために必要な「ショートメモリー」とは?

 12月24日のフィギュアスケート全日本選手権で2連覇を果たし、五輪代表キップをつかんだ宇野昌磨。4月の世界選手権では羽生結弦に次ぐ2位に輝いており、来年2月の平昌五輪ではメダルへの期待も高まっている。だがその宇野に関して不安がささやかれているというのだ。

「なにより気になったのは、試合翌日に45分しか寝られなかったと明かしたこと。全日本選手権では自分の滑りが不甲斐なく、『疲れたというより悔しい気持ちが強かった。目をつぶっていても、いつの間にか時間だけが過ぎていた』そうです。この発言は負けず嫌いの表れと前向きに捉えることもできますが、一方で宇野のメンタルが抱える危うさも指摘されています」(スポーツライター)

 スポーツの世界では過去の失敗に捉われるあまり、同じような場面で失敗を繰り返してしまう例が少なくない。平常心で臨むべきなのに、失敗シーンで力が入りすぎてしまうからだ。そんな宇野には名選手に多いメンタリティを意識してもらいたいと、前出のスポーツライターが力説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >