2017/12/29 10:15

「コウノドリ」星野源効果で、差し入れのプリンが空前絶後の売れ行き!

 今月の22日に最終回を迎えたドラマ「コウノドリ」(TBS系)。15扮拡大で放送された最終話では、星野源演じる四宮春樹はペルソナ総合医療センターを辞め、能登に帰りそこで産科医として新しいスタートを切ることとなった。放送が終了した途端Twitterには「最終回までほんまボロ泣きやった」「コウノドリ最終回、寂しい…」といったドラマ終了を惜しむ声が溢れた。

 そんな中、この人気ドラマが、思わぬ経済効果をもたらしているという。

「第5話で四宮が下屋加江(松岡茉優)を励ますためにプリンを差し出すシーンがあります。このプリンは、ロケ地・横浜市にある『ル プレ・オ・ヴェールYAMAMURO』で販売されている『Nishiyamaプリン』なのですが、ドラマを見た星野ファンがプリンを求めてこの店に殺到しています」(女性誌記者)

 web女性自身によると、このプリンがドラマに登場して以来、販売数がなんと1000個以上に及ぶという。オーナーシェフも「経験したことのない売れ方」と、その反響の大きさに驚いているとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >