2018/02/16 10:15

羽生結弦は審判をも魅了していた「演技のすべてがドラマのよう」

 ミッツ・マングローブがMCを務めるスポーツトーク番組「スポーツ酒場『語り亭』」(NHK)。2月4日放送回のテーマはフィギュアスケートの「表現力」。佐野稔、本田武史、振付けの宮本賢二、鈴木明子、そして国際審判員の岡部由起子を迎えて、トークが繰り広げられた。

「国際スケート連盟の技術委員で国際試合の審判を務める岡部氏によると、ジャッジは技術点と演技の構成点(スケーティング技術、技と技のつなぎ、パフォーマンス、構成点、曲の解釈など)をチェックして点数を算出するそうです。パフォーマンスの採点では、感情の表出がどうだったかということが重視されると解説していました」(スポーツライター)

 審判は、演技に引きこまれることがあっても、頭の半分ではしっかり採点を意識。表現については、演技で音楽の何を表しているのか、メロディなのか、大きい音か、小さい音か、感情的になっているかなど、音と音楽を動きにしていくところを見ているのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >