2018/02/19 10:15

宮原知子「回転不足」よりも心配されたルーティーンへの障害

 平昌五輪フィギュアスケート団体戦の女子シングルSPに出場した宮原知子選手。本人としては満足のいく出来だったようだが、冒頭のジャンプから回転不足を取られたことで点数が伸びず、結果は4位。本人もショックな表情だったが、深く気にすることはないという。

「回転不足となったのは残念でしたが、羽生結弦選手が出ていたのならいざ知らず、日本が団体戦でメダルを取れる可能性は低いと指摘されていました。どの選手も団体戦の出場は五輪の空気に馴染むためだと思えばいいんです。回転不足についても世界中で厳しい採点だったと騒がれていますし、審判団のこの五輪でのスタンダードがわかったと思えばいいでしょう」(スポーツライター)

 宮原選手といえば、それよりも心配されていた演技開始前のルーティンが無事にできたことに、胸を撫で下ろすファンが少なからずいたようだ。

「フィギュアスケートの競技会場である江陵アイスアリーナのフェンスが普通より厚くて高いと聞いていたので、宮原選手がコーチと額を合わせる試合前のルーティンができるかどうか、心配するファンの声があったんです。アスリートにとってはメンタルにも大きく影響するルーティンですからね。本番では、濱田コーチが軽く反動をつけて背伸びをし、リンクのほうにぐっと頭を出したので無事に届きました」(前出・スポーツライター)

 女子シングルでも安心してルーティンを行なって、ぜひともベストの演技を見せてほしい。

(芝公子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >