2018/03/16 18:15

「BG」最終回に映った木村拓哉に対するありえないシーン

 3月15日に最終回を迎えた「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)。15分拡大で放送された最終回の平均視聴率は17.3%と自己最高を記録して有終の美を飾った。1年ぶりにドラマで主演を務めた木村拓哉演じる民間ボディガード・島崎と、その島崎を毛嫌いしているかのように見えていた江口洋介演じる警視庁SP・落合の2人が、最終回で見せた“同じ正義感”にカタルシスを感じた視聴者が多かったようだ。

「これまではパンツスーツばかりだった菜々緒も、ホテルの給仕係に扮した短い丈のスカートで美脚を見せてくれたので、これも最終回ならではのサービスシーンだったのでは。しかし、鳴り物入りでゲスト出演した矢沢永吉登場シーンでは、“あってはいけないこと”が映っていたので驚きました。矢沢が武道館に入るためにファンが立ち並ぶ花道を歩き、木村ら演じるボディガードが矢沢を護るという“見せ場”で、“矢沢ファン”を演じるために集められた女性エキストラの1人が、矢沢に触れる位置にいたにもかかわらず、矢沢の後ろにいた木村を触ろうとして腕を伸ばし、しっかりタッチしたところが映ったんです。“キムタクLOVE”な女性がいまだ健在なことを痛感しました」(テレビ誌ライター)

 現実に引き戻されるようなシーンが映っていても、それを忘れさせてくれる濃いドラマを見せてくれた木村は、さすが主役の存在感といったところか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >