2018/03/23 10:15

松岡茉優は唯一無二!舞台病欠で大物脚本家がとった前代未聞の対応策とは?

 日を追うごとに美しさに磨きがかかっていると評判の女優・松岡茉優が、体調不良で出演中の舞台を休演する騒ぎがあった。東京・新橋演舞場で上演中の舞台「江戸は燃えているか」に出演している松岡は3月19日、昼公演には出演したものの、体調不良のためカーテンコールは欠席。そのまま病院に向かい、点滴治療を受けたという。

 そして迎えた夜公演。本舞台の作・演出を手掛ける脚本家の三谷幸喜氏は「人が見当たらないので」との理由で松岡に代役を立てず、自らが出演。黒子衣装に髪飾りだけを付け、台本を手に松岡の代わりを務めたというのだ。その緊急事態に観客の反応はどうだったのか。

「松岡の休演には残念との声もあるものの、三谷氏の緊急登板は拍手をもって歓迎されたようです。セリフがうろ覚えなのか、それともわざとなのか、三谷氏はアドリブを連発。会場には爆笑が巻き起こっていました。幕が開く前に三谷氏は『帰っていただいても構いません』とまで言っていましたが、観客のほうは『貴重なものを見た』『一生の思い出になった』と大好評だったようです」(演劇関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >