2018/03/23 18:15

立川志らく、謝罪した貴乃花親方に「30年後には銅像が立つ人」

 元横綱の日馬富士に端を発した大相撲の暴行問題。被害を受けた貴ノ岩の問題に絡み日本相撲協会の対応に疑問を持ち、内閣府の公益認定等委員会に告訴状を提出した貴乃花親方だったが、それを取り下げた。理由はもちろん、自身の弟子である十両・貴公俊が、付け人の力士に暴力をふるったからだ。

 貴乃花親方は「自分の弟子のことで、これだけ協会に多大なご迷惑をおかけしたのは事実ですので、私は一兵卒で精進していくという気持ちに新たになってます」と語っている。

 このニュースは、3月23日放送の「ひるおび!」(TBS系)でも取り上げられた。貴乃花擁護の先鋒者として知られる同番組のレギュラーコメンテーターで落語家の立川志らくは「(告訴状を)そのままでも叩かれるし、取り下げても“信念がない”と叩かれる。でも、ここは一歩引いて出直すのはいいこと」と評価。続けて「30年後には、国技館に貴乃花親方の銅像が立つかもしれない。親方の相撲道は揺るぎない。歴史を動かすのはいつも変人と呼ばれている人」と持論を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >