2018/04/12 18:15

吉高由里子「正義のセ」に“女版HEROじゃん”の痛烈ツッコミ

 吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)が4月11日スタートし、初回放送の平均視聴率は11.0%とまずまずの滑り出しとなった。吉高にとっては、昨年の「東京タラレバ娘」(平均視聴率11.4%)と2年連続同局での主演作となる。

 物語は、検事になって2年目の正義感だけで突っ走る主人公・竹村凜々子(吉高)が、ベテラン検察事務官の相原(安田顕)、先輩検事の大塚(三浦翔平)や徳永(塚地武雅)、上司の梅宮(寺脇康文)らに支えられながら、成長していくというもの。

 第1話は、上司のパワハラを受けている社員が、意を決して暴行の被害届を出すも、証拠なしとして不起訴になりそうな案件を、凜々子らが証拠集めに奔走して起訴するストーリーだった。ところが、視聴者からは「HEROの女版? HEROにもあったよね。階段から落ちて怪我した事件」「パンチがないHEROじゃん」など、木村拓哉主演で高視聴率をマークした「HERO」(フジテレビ系)に重ねてガッカリした人が少なくなかったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >