2018/04/24 18:15

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」の視聴率がV字回復したワケ

 長澤まさみ主演の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)の第3話が4月23日に放送され平均視聴率が第2話の7.7%から9.1%にジャンプアップした。初回は9.4%だったことからV字回復したと言えるだろう。

 物語は、天才詐欺師のダー子(長澤)と、小心者のボクちゃん(東出昌大)、変装の達人のベテラン(小日向文世)がチームを組み、悪徳富豪から大金を巻き上げるというもの。1話完結で、江口洋介や吉瀬美智子、石黒賢など回ごとのゲストも多彩だ。

 また、騙す相手に合わせて、ダー子が変じる女ツボ振り師やCA、謎の中国人などの七変化も見どころの1つだろう。視聴者からは「まさみちゃんのブッ飛んだ演技が面白い」「長澤まさみさんの頑張りにハマってきました」「ダー子は大阪のおばちゃんかと思っていたらまさかの中国人バイヤー。このうさん臭さが最高」など好評だ。

 今作が視聴率を取り戻せた理由を、テレビ誌のライターに分析してもらった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >