2018/04/29 18:15

大河ドラマでまさかのナレ死!「世界の渡辺謙」に立ち塞がる試練とは

 4月22日に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」で、渡辺謙演じる島津斉彬がドラマのラスト数秒でナレ死した。“ナレ死”とは、ナレーションによって死が語られること。これには視聴者も唖然とさせられたようだ。

「鈴木亮平演じる西郷が斉彬に、薩摩軍を率いて京に上洛する計画を進言。京での再会を誓い、『撃て!』『撃て!』と砲撃の演習で勇ましい声をあげる最中に突然のナレ死。しかもナレ死の後に『行かねばならん。西郷が待っている』と言い残して絶命する壮絶な死に様に、ネットでは〈え…?ここでナレ死?〉〈なにこの最新型のナレ死〉〈斉彬ロスになる余裕もない!!〉といったコメントが躍りました」(テレビ誌記者)

 この日の視聴率は13.4%と上昇。17年ぶりの大河ドラマ出演に沸いた“世界の渡辺謙”もこれで見納めとなった。

「渡辺は、1984年『山河燃ゆ』で三船敏郎と共演。さらに主役を務めた『独眼竜政宗』では勝新太郎と共演するなど、大河ドラマでの経験を糧にスターダムを駆け上がりました。今回主演の鈴木亮平はじめ、多くのキャストに取材をしてみると、渡辺と共演できる喜びを揃って口にしています。“大河ドラマに恩返ししたい”という渡辺の願いは、充分果たされたと言えるでしょうね」(スポーツ紙デスク)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >