2018/05/15 07:15

薬師丸ひろ子、再ブレイクの陰に“あの人気脚本家”との深い因縁

 5月9日、20年ぶりにオリジナルアルバム「エトワール」をリリースした歌手で女優の薬師丸ひろ子。2018年の今年は女優デビュー40周年のメモリアルイヤーとあって、8月22日にはコンサートツアーを映像化した「Live at オーチャードホール 2018(仮)」も発売される。

「薬師丸は、透き通るクリスタルボイスも健在。キーもデビュー以来変わっておらず、今回のオリジナルアルバムでは、薬師丸自身が2曲作詞を手掛けるなど、53歳になった今も輝きを失っていません」(音楽ライター)

 1978年、高倉健と共演する映画「野生の証明」で衝撃のデビューを飾った薬師丸は、「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「Wの悲劇」といった作品をヒットさせ、角川映画の看板女優として活躍。独立後は歌手活動にも力を入れ、その縁で91年に玉置浩二と結婚するも98年に離婚。

 当時は年齢的にも30代半ばに差し掛かり、女優としての方向性にも悩んでいたという。そんな彼女を救ったのが、あの脚本家・宮藤官九郎との出会い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >